--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-10-24(Wed)

今期のアニメはドウだ?秋~冬

■どうも、久々の更新な感じですが、
 最近色々と時間が足りてないですw。
 PSO2は何とか続けていますが、睡眠時間が削られていますw。
 っと、PSO2も色々仕様が変更になったりや、
 色々新モノが実装されたりとで、私自身がなんか
 落ち着けて居ない感じでw。


■まーそんな事はさておき、今回の新作アニメはドウなんでしょうね~。
 3~4話ぐらい既に放送されていますが、
 それまでの、私の感想と期待度を!

・神様はじめました-----期待度3.5
kamisama.jpg
ギャンブル好きの父親が蒸発し、借金取りに家を追い出され、桃園奈々生は途方に暮れていた。
そんなとき、犬に追われていたところを助けてやった気弱な男が「私の家を譲る。」
と突拍子もないことを言い出す。驚きはしたものの、
半信半疑のまま男に言われた住所に行ってみると……
そこはなんと廃神社。気弱な男の正体は家出中の土地神だったのだ。
神社を譲り受け、その代償として土地神になった奈々生の新しい生活が始まった。
(wikipediaより)
■女性向けコミックですが、普通に見られる、主人公が女の子なだけ~って感じで。
 ぬら孫のかわいい女性版って感じでしょうかね?
 ただアニメ途中のCMのAMEMIYAの方が面白いw。

・IXION SAGA ~Dimension Transfer~-----期待度2.0
i-s-dt.jpg
とある理由により、現代から「ミラ」と呼ばれる異世界へと飛ばされた主人公、火風紺。
そこは「アルマ」という神秘のエネルギーが万物に宿る世界。
敵に襲われて絶体絶命のピンチの渦中だったエカルラート姫一行の前に現れた紺は、
姫を助けることになる。右も左もわからないまま一行と行動を共にする紺。
姫は婚礼のため、都を目指していたが、政略結婚であるその婚礼を阻む敵対勢力に、
その命を狙われていたのだ。一行は姫を無事に嫁入りさせる為、敵中突破、都へと進む。
果たして、彼らは無事に都にたどり着くことができるのか?
(wikipediaより)
■オンゲのアニメみたいですが、確かに私がたまたまやっていたのがコレだったら、
 評価は変わってた・・・かなぁ?。で、ギャグ路線が強いが、ソコまで面白いギャグとも・・・。

・ハヤテのごとく!CANT TAKE MY EYES OFF YOU-----期待度2.0
hayate-can.jpg
浪費癖のある両親の生活を支えるため、バイトの日々を送っていた不幸な少年
・高校生の綾崎ハヤテが、ひょんなことから大富豪のお嬢様・三千院ナギの家の住み込み執事となる。
新作は、原作者・畑健二郎氏が原案を手掛けるオリジナルストーリーで描かれる。
(wikipediaより)
■週刊誌で読んでいるのでドッチかっていうと否定的ですが、
 なんつーか、画が変わりすぎてる感じがするのよね~。
 最近その週刊誌でも、アシが全部書いているんじゃないか?
 という回もあるんだよね・・・。画が違いすぎる!
 ストーリーは新作らしいですが。

・ひだまりスケッチ×ハニカム-----期待度3.5
hanikamu.jpg
憧れの私立やまぶき高校美術科に入学したゆの。親元を離れ、
学校のまん前にある小さなアパート『ひだまり荘』で一人暮らしをはじめたゆのは、
そこで同級生の宮子、先輩の沙英とヒロの三人に出会う。
慣れない生活に戸惑いつつも、優しく温かい仲間に囲まれながら、
ゆのは今ゆっくりと夢に向かって歩き出す。
(公式サイトより)
■バカ面白いってワケではないですが、
 4コマ的なくすっとした笑い、キャラの確立、安定ですね。

・武装神姫-----期待度2.5
busou-shinki.jpg
海外生活から帰国した理人は、高校入学初日、
アーンヴァル型の神姫・アンに起こされ慌しい朝を迎えた。
大量の引越し荷物の中から出てきたのは、アルトアイネス型のアイネス、
アルトレーネ型のレーネ。マスターのためにはりきる3人が、
掃除や片づけを一生懸命進めていると、「大切」と書かれている箱が…。
(公式サイトより)
■ある意味新境地?エロもロボットですからっ!で言い逃れ出来る!?
 ロボ達がメインなので、トイストーリーっぽいのかな?

・バクマン。3-----期待度2.0
baku-man3.jpg
新連載「PCP」でついに読者アンケート1位を獲得し、
非業の死を遂げたマンガ家の叔父の宿願を果たした最高と秋人。
「連載続行のためには半年以内に『天才』新妻エイジの作品と同等の人気作になること」
という厳しい条件をはねのけ、人気作品となった「PCP」で、
2人は目標の「アニメ化」実現を目指す。
しかし、その道は険しく、「新世代の怪物」と呼ばれる年少のライバルとの全面対決や、
コンビ決裂の危機、プロマンガ家としての高い壁、
さらに「亜城木夢叶・最大の危機」が2人を襲う!!
そして、かつてない逆境の中で2人がたどりついたのは、
全く新しい<邪道な王道バトル>マンガの完成形だった。
新たな作品で、宿命のライバル・新妻エイジとの対決を制し、
念願のアニメ化を実現することはできるのか!?
(wikipediaより)
■まぁ、がんばりや逆境?苦悩?を見るアニメですよね。NHK向きな。
 アニメだから見てるって感じですね。

・お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ-----期待度3.0
oni-ai.jpg
両親が死んだことによりそれぞれ別の親類の家に身を寄せていた双子の兄妹、
姫小路秋人と姫小路秋子は、それぞれが身を寄せていた家を離れ、
東京で6年ぶりに2人で暮らすこととなった。
ところが秋子は6年の間に極度のブラザーコンプレックスとなっており、
兄に対して恋愛感情を抱いていた。
(wikipediaより)
■こういうのは設定がアレですが、主人公は嫌がりながらも、
 ちゃんと抵抗して攻める所は攻める感じが多少出ていて希望が持てる?
 基本的に痛い妹を見るギャグアニメ。

・ジョジョの奇妙な冒険-----期待度3.0
no-no.jpg
古代メキシコで繁栄を遂げた太陽の民アステカ。
彼らには奇妙な 「石仮面」が伝わっていた。
それは、永遠の命と真の支配者の力をもたらすという奇跡の仮面。
だが、ある時を境に歴史から姿を消すこととなる。
やがて時は過ぎ、19世紀後半。人々の思想と生活が激変していた時代に出会った、
ジョナサン・ジョースターと ディオ・ブランドー。
2人は少年時代から青年時代を共に過ごし、
やがて「石仮面」を巡って数奇な運命を辿ることとなる――。
(wikipediaより)
■昔のコミックを知っているから見てはいるが、うーん、微妙感が・・・。
 印象的な所は、文字を入れての表現となっているが、
 イマイチ迫力が足りない・・・が頑張ってと期待を込めて。

・めだかボックス アブノーマル-----期待度1.5
medaka-box-a.jpg
風紀委員長「雲仙冥利」との戦いに勝利した「黒神めだか」。
この戦いによって、箱庭学園は「フラスコ計画」を巡る新たなる戦いの火蓋が切られた。
目安箱により、箱庭学園理事長「不知火袴」総帥に呼び出されためだかは、新たな依頼を受ける。
雲仙の戦線離脱を理由に、自分の主宰するプロジェクトに参加してほしいとめだかに頼む不知火袴。
「私は便宜上、それを「フラスコ計画」と呼んでいます。」
『十三組の十三人』を擁する「不知火袴」の野望、天才を人工的に作り出すこと―――。
『十三組の十三人』の王土により、フラスコ計画の全貌を聞かされためだかはある決意をする。
「生徒会長権限を発動させるぞ、善吉よ。フラスコ計画を今日中に叩き潰す!!」
(wikipediaより)
■やっぱり全く前回とは違うアニメになっちまったようだ・・・。

・マギ-----期待度3.5
magi.jpg
秘宝が眠るとされる謎の遺跡「迷宮(ダンジョン)」が出現する
不思議な大陸を旅している少年・アラジン。
彼は旅の中で出会ったアリババと共に秘宝を手にするため、「迷宮(ダンジョン)」攻略を目指す。
その中で生じる様々な出会いと別れを繰り返す中で、アラジンは自らの宿命を知ることになる。
(wikipediaより)
■これも週刊誌で読んでいるんですが、中々面白い方だと思います。
 若干コメディー調になる所が目に付きますが、コミックの方はストーリーは楽しめています。
 アニメは何処までやるんでしょうかね~?

リトルバスターズ-----期待度3.0
little-b.jpg
直枝理樹は、幼馴染である棗恭介、その妹である鈴、同じく幼馴染の井ノ原真人、
宮沢謙吾と共に全寮制の学校に通っていた。
彼等は昔、何かを悪者に見立ててそれを成敗する正義の味方「リトルバスターズ」を結成し、
色々な事をしてきた。両親と死別し塞ぎこんでいた理樹にとって、
自らを外に連れ出し広い世界を教えてくれたその存在は大きかった。
ある日、3年生である恭介が就職活動から帰って来た。
理樹は「リトルバスターズ」の4人に、「昔みたいに何かしよう」と持ちかける。
それを聞いたリーダー・恭介は近くに置いてあったボールを拾い上げ、宣言するのだった。
「野球チームを作ろう。……チーム名は、リトルバスターズだ!」
(wikipediaより)
■雰囲気が、Angel Beatのギャグっぽい路線な感じがします、ギャグやボケっぷりも。
 ま、会社や作者は調べてないので知りませんが、たとえ同じだとしても、
 ストーリーで楽しませて欲しいですね。

・金魂(たぶん銀魂)-----期待度4.0
kin-tamashii.jpg
宇宙から来た天人により価値観の変わってしまった江戸。
坂田銀時は宇宙人、高層ビル、バイクなど何でもありの世界で変わらない魂を持った最後のサムライ。
万事屋の仲間、新八、神楽らとともに、銀さんがいろいろなやっかい事に首を突っ込む。
特選再放送“よりぬき銀魂さん”に加えて新作エピソードも放送予定。
(wikipediaより)
■しょっぱなから、銀が金にっ!w。今回も攻めに攻めて欲しいですね!。

・To LOVEる-とらぶる-ダークネス-----期待度1.5
tolove-ru-d.jpg
現在の結城家は、従来の住人であるリト、美柑の兄妹に加え、
ララや彼女の妹であるナナ、モモも居候する状態となっていた。
姉のララ同様、リトに恋心を寄せるモモは、自分やララ、春菜など、
リトに思いを寄せる女子が全員幸せになる方法としてリトを中心とした
美少女ハーレムを思いつき、その実現を目指して行動を開始する。
一方、リトの命を狙う刺客として登場した宇宙人の殺し屋・ヤミは、
地球で平穏な生活を送っていたが、ある日、彼女に一人の少女が話しかけてきた。
その少女は黒咲芽亜といい、彼女のマスター・ネメシスとともに、
ヤミを殺し屋として復帰させる「ダークネス計画」を目論んでいた。
こうして、モモが実現を目指す「ハーレム計画」と、ヤミをめぐる
「ダークネス計画」の2つの計画を軸に、物語が展開されていく。
(wikipediaより)
■まーエロ目的なアニメだからいいとしても、
 種族や宇宙人?とか色々沢山で、何でもアリな感じやな・・・。

・好きっていいなよ。-----期待度2.5
suki-nayo.jpg
彼氏どころか、友だちもいない歴16年。いつもひとりで行動している橘めいは、
同級生にからかわれる日々を過ごしていた。
ある日、中西健志のイタズラに怒りを爆発させためいの回し蹴りが、
無実の黒沢大和に命中してしまう。
自分とはいちばん縁遠い「学校一のモテ男」にケガをさせてしまった、めい。
しかし、なぜか大和はめいを気に入り「友だちになろう」と迫ってきて……?
(公式サイトより)
■これも女性コミック系。「君に届け」系ですかね?。どこまで違いを出せるか?

・ガールズ&パンツァー-----期待度2.5
sensya.jpg
戦車を使った武道「戦車道」が華道や茶道と並んで大和撫子のたしなみとされている世界。
県立大洗女子学園に転校生・西住みほがやってきた。
戦車道が嫌いで、戦車道のない大洗女子を選んだみほ。
ところが転校そうそう生徒会長に呼び出され、必修選択科目で戦車道を選択し、
戦車道全国大会に出場するよう強要される。
しかも、集まったメンバーは個性派ばかり。
華道家元の娘の五十鈴華、恋に恋する武部沙織、戦車マニアの秋山優花里、
朝に弱い優等生の冷泉麻子――。
友達とのフツーの女子高生活を夢見るみほの、ささやかな願いは叶うのか―?
(wikipediaより)
■戦争系というか、アーミー系?。うぽってとは違って擬人化?はしてないので、
 普通に見られますが、戦車の設定はイイとしても、戦艦の上で
 全てが行われているのは・・・行き過ぎな感が・・・。
 けど、浸し見やすく?描かれているので、見やすいではありますね。

・さくら荘のペットな彼女-----期待度3.0
sakura-pet.jpg
水明芸術大学付属高校(スイコー)の学生である神田空太は高校1年の夏に
学生寮で猫を飼っていたことから校長に呼び出され、
猫を捨てるか寮を出るかの選択を迫られた。
大の猫好きで権威に逆らってみたかった空太は寮を追い出され、
悪名高い「さくら荘」に入居することとなった。
春になり、スイコーに編入してきた世界的天才画家の椎名ましろが
さくら荘に入ってくるがあまりの常識の無さから空太を振り回すことに。
(wikipediaより)
■主人公のノリツッコミする所がいいですね~。あとネコもw。
 あとは、世間知らずというか、ちょっと抜けている?天然?だからって、
 裸でも気にしないとか、興味がない物に無頓着ってのはなぁ・・・。
 あと個人的には、画家で天才的なのに、マンガを描くっていうのも
 好きじゃない方向性ですね・・・。

・ROBOTICS;NOTES-----期待度3.0
robo-no.jpg
2019年。世界線変動率「1.048596」。ポケコンが普及し、拡張現実が当たり前となった近未来。
種子島にある中央種子島高校、そのロボット研究部に所属する八汐海翔は、
ある日偶然「君島レポート」と呼ばれる謎のARアノテーションを発見する。
それは、何者かが残した命懸けの告発文であった。しかし、この時まだ彼は気付いていなかった。
偶然見つけた「君島レポート」が、世界をどんな運命に巻き込んでいくのかを。
(wikipediaより)
■結構他の商品で盛り上がっているようだったので、期待していましたが、
 今の所はちょっと期待ハズレかなぁ~。
 強引設定だったり、それをそこまで努力しなくても乗り越えてる所とか?
 進んでいくうちに、熱を感じられるといいんですけどね~。

・PSYCHO-PASS-----期待度3.0
psycho.jpg
人間のあらゆる心理状態や性格傾向を計測する値
・通称:PSYCHO-PASS(サイコパス)が導入された未来世界。
これにより、大衆は「理想的な人生」の指標として、
その数値を実現すべく躍起になっていた。そして、犯罪に関する数値も、
「犯罪係数」として計測され、犯罪者はもちろん、たとえ罪を犯していなくても、
規定値を超えた者は潜在犯として、裁かれるのであった。
物語は、治安維持の為に働く、公安局刑事課一係のメンバーの活躍を描いたものである。
(wikipediaより)
■本広克行や虚淵玄、天野明と色々有名どころを使っていて興味があります。
 設定も無理がなく、ギャグも今の所そんなに無いので、
 ストーリー的に楽しめそうな作品です。

・絶園のテンペスト-----期待度4.0
zetsu-ten.jpg
ある日、魔法使いの姫君が、魔法が使えない無人島に閉じ込められた。
またある日、一人の少年が復讐のために魔法使いと契約した。
復讐と魔法が織り成す前代未聞の戦いが始まる。
(wikipediaより)
■こういう制限付きや逆境に向かっていくようなモノは好きですね。
 ストーリー的にも、枝分かれしていたモノが一つに繋がって行く的な。

・ヨルムンガンド PERFECT ORDER-----期待度4.0
yorumun.jpg
両親を戦争で失い、武器に関する一切を憎む主人公の元少年兵ヨナは、
神の悪戯か、若き武器商人の女性、ココ・ヘクマティアルと、
その部下である「ヒトクセもフタクセもあるが優秀な」私兵8人と世界各地を旅する事になる。
今作では、集めた仲間たちの過去が明かされ、
とうとうココの真の目的である「ヨルムンガンド計画」が始動することになる。
(wikipediaより)
■結構簡単に死んだりしますが、敵だけでなく、味方も死ぬところが○。
 ただ若干味方が中々死ににくい感じも見受けられますが、
 少数精鋭って所で納得しましょうか。
 欲をいえば、もうちょい緻密な戦略や読みを出せるといいなぁ。

・中二病でも恋がしたい!-----期待度4.5
tyu-2-demo.jpg
高校1年生の富樫勇太は中学生時代、邪気眼系中二病を患っていた。
しかし、そんな黒歴史を中学とともに卒業し、高校ライフを満喫していた。
勇太は周りには中二病だったことを隠していたがひょんなことからある日、
クラスメイトで現役中二病患者の小鳥遊六花と半ば強制的に契約を結ぶことになってしまった。
(wikipediaより)
■私はこの経験がないので、そこまで楽しめていないかもしれませんが、
 キャラが生き生きしててイイですね~。
 OPの指をくるくるすつ所をお尻突き出し?でスカートがぴょんぴょん?
 ひらっひらっ?と跳ねれる所が好きですね~。

・となりの怪物くん-----期待度4.0
tonari-kaibutsu.jpg
成績にしか興味のなかった冷血女子・水谷雫は、
プリントを届けたことがきっかけで問題児・吉田春に気に入られてしまう。
そして、それをきっかけに雫の人間関係が著しく変わっていく。
(wikipediaより)
■これも少女コミック系ですが、同じ恋愛モノでもギャグが強い傾向。
 コッチの方が明るい路線なので好きかな~。
 例えていうならば、Working!!やみなみけの恋愛モノ・・・?

・K-----期待度??
k.jpg
現実とは微妙に異なった歴史を歩んだ現代日本を舞台に、7人の《王》
 それぞれの確執と、そこに巻き込まれる少年の運命が異能者バトルと共に描かれていく。
(公式サイトより)
■雰囲気的にデュラララ!!っぽい感じが個人的にはしています。
 ちょっとこれだけは、判断付き難いですね。
 何が目的なのか、どういう経緯なのかもサッパリです。


■と、作品説明と簡潔な感想を書きましたが、
 結構女性モノが多いですね~、女性でも平気な作品と言った方が正しいかしら?
 あとは、設定がぶっ飛んでいるモノも多いですね~。
 ちなみに、C0DE:BREAKERは週刊誌で読んでいましたが、
 最近はもう読まなくなったので、アニメも見るのを辞めていますw。
 新世界よりは、全く気づいていなかったので、今後見ていようと思います。
 そーいえば、今回アニメが重なるって事が偶然にも無いなぁ~。
 カブってもドッチかが何処かで先にやったモノだったりだし。
 ってーことは、若干アニメの本数減ったかな?
 つっても、1~2本だけども。
スポンサーサイト
2012-10-05(Fri)

今期終了のアニメを!2012夏~秋

■最近アニメは12~13話終了のアニメが多いですね~。
 個人的には、ちゃんとジャッジするには、
 22~24話ぐらい欲しいなぁ~と思うのですが。
 1~2話展開のアニメなら12話前後が
 飽きも来ない内に終わっていいかな~とも思ったりw。

 では、今期終了のアニメの勝手に評価をいきまひょか!

・恋と選挙とチョコレート-----評価2.0
2012-10-05-koi-sen-choko.jpg
 ちょっと最後の方が詰め込みな感じしましたね~。
 アマガミが一人2話ずつだったので余計に感じるのかも。
 中身もちょっと非現実的過ぎるというか・・・。
 話数が多ければもうちょい丁寧&詳しく行けたのだろうケドも・・・。

・ココロコネクト-----評価4.0
2012-10-05-kokoro.jpg
 上の恋選チョコと比べると雲泥の差がある感じでしたね、
 ちゃんと個々の問題も巧く流れてましたし、
 非現実設定もいっそこのぐらいの方が割り切れますね。
 どれかに当てはまりそうなココロのキズだったり、過去の忘れていた思い出だったり、
 ちょっと自分を見つめなおしたり、
 友達との力強さを感じさせる作品でした。

・SKET DANCE - スケット・ダンス ------評価4.0
2012-10-05-sket-dance.jpg
 長く続いていたのが終わった作品。コミックスをみると追いついてしまったような?。
 全話みたワケではないですが、4/5は見ていたと思います。
 ボケと突っ込みのテンポの良さや、ちょっとナナメな思考とか
 銀魂っぽい類似点が一杯ありますが、面白かったですね。
 変な話キャラもかっこよ過ぎず、かわい過ぎずイイバランスで。

・TARI TARI-----評価3.5
2012-10-05-tari-tari.jpg
 正統派な熱血アニメというか、夢に向かって行けアニメというか。
 全ての夢が全部叶うわけでもなく、別の道から未来にとか
 現実では厳しいって部分もあって評価できましたね~。
 主人公の女の子のように、天然?鈍感?で突き進んで行ける人がいると、
 リアルでも結構心強いですよね~。

・超訳百人一首 うた恋い。-----評価3.5
2012-10-05-uta-koi.jpg
 最初の3話ぐらいは、特番やらで時間帯があわず、途中は五輪の為とかで数話見られていませんが、
 中々趣きがある面白さでしたね~。
 一首から話を膨らませてというアニメなんですが、
 超訳というだけあって、実際には違うのかもしれませんが、
 完全に正解を知る術ももうないですし、
 ああ、こういう解釈もあるんだな~と
 切ない気持ちや人を思う気持ちが判って楽しめた作品でした。

・ゆるゆり♪♪-----評価3.0
2012-10-05-yuru-yuri.jpg
 続編ですが、特にコレといって言う事はないでしょう。
 ついていける、いけないで分かれると思います。
 私はゃゃついていける方なので、3.0としました。

・この中に1人、妹がいる!-----評価2.0
2012-10-05-hitori-imouto.jpg
 まぁ、設定はさておいて、最後の方がな~。
 妹がわかった時の色々の説明が、なんつーか、
 困った時には、「私テンパっちゃって・・・」とか「焦っちゃって・・・」とか
 とりあえず解決しました!感がパネェですね。
 そしてひたむきに隠していた妹もバレてしまうと何事も無かったかのように接しているし・・・。

・境界線上のホライゾンII-----評価3.5
2012-10-05-horizon2.jpg
 こちらも続編ですが、やはり色々な設定が面白いですし、
 歴史再現をするのに、こういうやり方でも筋が通ると当たり前の考えでなかったりとか
 緻密に考えられている所が面白いですが・・・。
 やっぱり、ボインとか下ネタが多かったりや、
 おちゃらけ過ぎな部分が目に余りますね・・・。

・氷菓-----評価4.0
2012-10-05-hyouka.jpg
 全体を見れば良かったのですが、文化祭は長すぎる、最終話は単純過ぎると、
 謎?のムラがありすぎでしたね。
 元が文章なのでアニメにしてしまうと、物足りない部分も多すぎる部分も
 当然出てくるでしょうが、
 その考えが吹っ飛ぶぐらいに、ムラがあり過ぎでした。

・人類は衰退しました-----評価4.5
2012-10-05-jinnrui-ha.jpg
 正直最初は見た目のかわいさと妖精さんと主人公「わたし」の台詞回しが好きで見ていましたが、
 最終的には、心温まるお話でしたね、グサッとくる台詞を言いながらもw。
 3~4話でひとくくりのお話が終わるんですが、何か時系列がオカシイな~
 と思っていましたが、最後まで見て納得。
 こういう持って行きかたもアリだな~と思いました。(」・ワ・)」(つ・ワ・)つ

・じょしらく-----評価4.0
2012-10-05-joshi-raku.jpg
 久米田康治さんが絡むとやっぱ時事ネタになりますよねw。
 行け!! 南国アイスホッケー部も初回からサンデーで読んでいたので、
 知ってはいましたが、いつから時事ネタになったんだろう?w
 面白いし毒もあるから好きですケドw。
 けど、マスクマン?が出てきてからは何故か
 スクールランブルにしか見えなくなってしまったw。

・カンピオーネ!-----評価2.5
2012-10-05-kanpione.jpg
 設定とかは悪くなく好きな方ですが・・・キスシーンが多すぎだろっ!
 一部では、新たなエロの表現だな!とか言われてますがw
 あとは細かい所で、壊れた箇所が進んでいく上で修復中と
 無かった事にされていなかったのは好感もてたなぁ~。

・アルカナ・ファミリア-----評価2.0
2012-10-05-arukana-f.jpg
 本作は、タロットカードとイタリアンファンタジーをテーマにした恋愛アドベンチャーゲームである。
 とwikiにありましたが、恋愛アドベンチャーと感じさせない作品でしたね~。
 元が少女系コミックか?と思いましたが、まぁ乙女ゲームでした。
 けどソコまで乙女オトメしていなく見やすい作品ではありましたが、
 いま一つ惹きつけられるものが無かったですね~。
 あ、オトメでないからか^q^

・貧乏神が!-----評価2.0
2012-10-05-bin-bow.jpg
 いわゆるドタバタアニメでした。がドタバタや喧嘩?の理由が・・・。
 例えて言うならば、夫婦喧嘩特有のくだらない、ささいな理由っぽいというか。
 ギャグもいまいちギャグになりきれていない感じも。
 しかしキャラがデフォルメしたり、誇張されたりとで、
 効果的に見せていたのは良かったんですけどね~。

・だから僕は、Hができない。-----評価2.0
2012-10-05-dakara-boku-ha.jpg
 個人的には、ハイスクールD×Dの別Ver。
 私的にはあまりボインボインキャラ好きじゃないんですよね~。
 ヒロイン?がそうでなかったのがせめてもの救いでしたが、
 主人公の妄想力が変態っぷりで良かったんですが、
 後半はもう違うアニメになっちゃいましたね~ってぐらい皆無でしたね。

・DOG DAYS'-----評価3.5
2012-10-05-dog-days-d.jpg
 幸せ系?仲良し系アニメ?。いわゆるちびまるこやサザエさん、アンパンマンのように、
 ワルの中のワルってのが出てこない、戦いも興行という名のゲームで
 適度なエロもあったりで、まさに、
 おっきい良い子なお友達な人が見るアニメでしたw。
 けど、普通に、耳や尻尾が付いていたりするのがカワイイんですよね~。

・交響詩篇エウレカセブンAO-----評価2.0
2012-10-05-eureka-ao.jpg
 半分(12話以降)越えたあたりから漸く面白く~と思っていましたが、
 話数が根本的に足りないのか、とりあえず説明しましたというか、
 この件はもう終了しまして、次です的な?。
 実際、アニメは終わりましたが、今晩秋に完全版!というワケがわからない手法。
 まぁ映画版に・・・というよりかはマシか。

・機動戦士ガンダムAGE-----評価2.0
2012-10-05-g-age.jpg
 やっぱり改心しちゃいましたか、フリット。
 ま、新規に新しい子供の開拓に・・・がコンセプト?なので、
 話の内容もわかりやすく、そこまで掘らないってのは仕方が無いですが・・・。
 唯一良かったな~と思ったのが、ゼハードが人々の思い?怨念?で
 「私はいったい何をしているんだ?」と狂わされていた?取り付かれていた?
 あの表現は良かったかな~と。
 個人的には、ファースト、Z、ZZを全部コンパクトにまとめて、
 今の子供に見やすくしましたよ?って感じだったかな。
 で、困った時のAGEシステムで解決!・・・これは最悪だった。

・アクセルワールド-----評価4.0
2012-10-05-accel-w.jpg
 主人公のあの姿が受け入れられないとの声も聞きましたが、
 まぁイジメられっこで孤立しているような感じをだし、
 人懐っこい所や人を信用する所、信念を持ちながらも折れそうになる所
 いわゆるのび太っぽい感じをだすには、良かったんじゃないかな~と思ってます。
 ま、のび太は孤立はしてないですけどもw。
 けど私が一番にハマったのは、あのNET環境やデバイスとかですね~。
 うらやましくもあり、若干怖いと思う部分もありますが。
 後は敵役、いわゆる悪役も、本当嫌な奴ってぐらいで
 これはコレで良かったし、最後に情けを掛けて救わなかったのも良かった。
 あそこで救っていたら、私の中では、駄作に終わっていたなぁ~。


■と個人的な評価をしてきましたが、
 今回はやっぱり12~13話ぐらいで終わるのが多かったですね~。
 やっぱり判断付け難いですし、また新たな一面を見る事も出来ないですからね~。
 ちなみに、終了したのに、書かれてないよ!って物は、
 私が見ていなかったアニメです。
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
旬感ランキング

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

フェイネ (旧<光>)

Author:フェイネ (旧<光>)

只今タルタロスオンライン(TartarosOnline)
というオンラインゲームで
主に活動しております。
(ちなみにガイアサーバー)

-High Wizard-
TYPE nomal
BASE 95 JOB 64

-Clown-
TYPE Vulcan
BASE 96 JOB 67

-High Priest-
TYPE Attacker
BASE 97 JOB 66

-Creator-
TYPE Sword of the Habsburg2
BASE 86 JOB 54

-Sniper-
TYPE production
BASE 89 JOB 58

-Star Gladiator-
TYPE Warm
BASE 92 JOB 50

-Chaser-
TYPE Archer
BASE 89 JOB 57

-High Priest-
TYPE ME
BASE 95 JOB 64

-Whitesmith-
TYPE Attacker
BASE 93 JOB 62

-Professor-
TYPE VIT
BASE 95 JOB 66

-Paladin-
TYPE VIT
BASE 96 JOB 65

-Soul Linker-
TYPE VIT&Sma
BASE 91 JOB 50

リンク
げん玉
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。